演劇ユニット エスセナ・セニョリータ「LOVE30~女と男と物語~」

<<  page1 / page2  >>

演劇ユニット エスセナ・セニョリータ
8回公演 「LOVE30~女と男と物語~」
演出 下町御来

三島ゆき「スパイス・イン・ザ・バスケット」
下町御来/山本光英(桜舟剣遊会)

サタケミキオ「結婚相談所」
麻生沙也花/屋敷有都(魔導演劇結社インポッシブル)

蓬莱竜太「兄への伝言」
森南初音/中島亮(桜舟剣遊会)

2017/10/14
(土)
富山県民小劇場オルビス

演劇ユニット エスセナ・セニョリータさんの第8回公演。こちらに観劇に行ったのとえみ。そして、エスセナさんやメンバーさんを良く知るフクイマサヒロさんが観劇にきていらっしゃったのをお見かけして、Dramatic Talkingの対談相手にお声を掛けさせていただきました!メンバーの下町さんとのとえみは同じ歳。そしてそんな下町さんや桜舟剣遊会の山本さんを若い頃から知るフクイさん。このふたりだから言ってしまえる!?そんな対談となりました。

フクイさんの観劇の仕方


のと
最初にいつも聞いているんですけど、どんな風に芝居観てます?

フクイ
自分の好み優先で。自分に合ってるか、合ってないか。楽しかったかどうか。

のと
完全にお客さん目線って感じですかね。

フクイ
自分の練習を録ったときも「お客さんからどう見えてるのかな」って思いながらやってみると良いかなって。

のと
感覚で観るタイプですね。

フクイ
理論も何もなく。

のと
ワークショップで教えてもらったことは?

フクイ
あります。劇団青年座の岩倉(高子)先生に教えてもらったことはありますけど、素人さん相手に教えている感じになっちゃうよね。ベテランだろうって言われたこともあるけど、気持ち的には全然ベテランじゃないよね。

 


エスセナ・セニョリータのコンセプトって?


フクイ
演劇ユニット エスセナ・セニョリータ(以下エスセナ)って初めは女性だけでやるって聞いてて。実際に初めの方は男性役も女性が演ってると。でも今は男性も出るんだよね。

のと
私も一回聞いたことがあって。「エスセナってすごく女性が多いけど、そういうコンセプトなの?」って。そしたら「そうじゃなくて、何となくこうなっちゃった。」みたいな(だったと思う★1)。

フクイ
えー、そうだったの。エスセナって結構長いよね。男性入れたからって悪い気はしないな。

のと
エスセナって雰囲気がすごく良いじゃないですか?だからどんな方でも、スッと入っていけるだろうなって。

 

――そんなエスセナさんの最新公演が 女性×男性の短編3本

 

フクイ「初々しい感じがした。」
~スパイス・イン・ザ・バスケット~


のと
他の劇団を見てここを真似してみたいな~って思ったりしますか?

フクイ
あるある!俺ならこうするのになって。

のと
今回は?

フクイ
冒頭から真っ暗闇の状態でね、話し始めたじゃない。不自然に思って、照明のミスかな?って。

のと
照明が遅れたように見えたんですね。演出としては。

フクイ
なかなか照明がつかないなって感じがしたんだよね。もちろんやり方としては、暗闇で喋るというのはあると思うんだけど、あのお芝居を観た感想としてはそうだった。

のと
あぁ~、なるほど。確かに最初の印象って大事ですよね。最初の印象って引きずったまま観ちゃいません?その世界観に入るまで。

フクイ
この2人(の役者)に先入観があってね。(役としては)結婚して別れた相手同士でしょう?

のと
それは(私とフクイさんが)既婚者だから、既婚者からしてみたら結婚して別れた相手同士に見えないかも、って思うのもあるかなって思ってて。

フクイ
もっと言っちゃうとね、(安藤未来役の)下町(御来)を二十一のときから知ってるんだけど、浮いた話を知らない…。女性にモテるし。

のと
でもこの芝居の衣装がすごく可愛いかったじゃないですか。でも下町ちゃん的には多分ギリギリのところを何とかここ(この衣装)にしたんだろうなって感じる。そしたら本人も「ここに来るまでには葛藤があったんだよ」って言ってて。

フクイ
俺も本人に聞いた。(力強く)「思い切り頑張ったよ!」って。

のと
多分、他のみんなはスカートにしたがってたけど、下町ちゃんの中でスカートはアウトで。でもガウチョパンツならオッケーみたいな。

フクイ
下町、かわいいですよね。

のと
演劇もうまくなりましたよね。

 

勝手にキャスティング


のと
この三本の中で、この台本が一番難しかったと思います。フクイさんがキャスティングするなら誰にします?

フクイ
(元エスセナの)Sakuraさん。★2

のと
相手役誰にしますか?「スパイス・イン・ザ・バスケット」。Sakuraさん、背も高いですしね。

フクイ
うー…(桜舟剣遊会の)中島(亮)くんは…。

のと
中島さん、こういうの恥ずかしがりそう(笑)

フクイ
頼りない感じが(桜舟剣遊会の)みっちゃん(利賀城嗣役 山本光英)は合ってるんだけどね。でも、もうちょっとしっかりして欲しい(笑)じゃ、尾崎さんとかは?★3

のと
あー、なるほど。アクは強いですけど、でもSakuraさんだったら良いかもしれないですね。

フクイ
コンビネーションだよね~。この二人(山本光英・下町御来)は本当に初々しい感じがした。

のと
そうそう。離婚じゃなくて、元カレと元カノだったら成立したかもしれないですね(笑)

フクイ
そんな感じだったね。プラトニックなお付き合いをしてた元カレ元カノ。

のと
元カレ元カノがちょっと色んな経験を経て、そうなったみたいな。お互いちょっと成長した姿で~みたいな。

 

――酸いも甘いも噛み分けたオトナたちの分析ですね。

 

フクイ「説得力があった気がするんだよね。」

のと「もっと熟年の人でやっても面白そう。」
結婚相談所~


フクイ
結論だけ言ってしまうとさ、最後、ハッピーエンドじゃなかったじゃないですか。台本上は確かにハッピーエンドじゃない方がお客さんの印象に残って作品としても良いんだろうなって思うけれど…個人的に、ハッピーエンドになって欲しい!……と応援させるように、惹きこまれました。

のと
結構、感情移入して観る方ですか?フクイさん。

フクイ
そうだねぇ。特にこの作品というか、役者さんたちは観てて幸せになって欲しいなって思った。麻生沙也花さん演じる青山りかこが本当に等身大。聞けなかったんだけどさ、「本当に彼氏いますか?」って。

のと
いるんじゃないですかー?もしいなくても、そういう経験したことあるのかなっていう説得力ありました。

フクイ
説得力があった気がするんだよね。お芝居なんだけど、本気でそう思ってる!?って。

のと
去年(2016年 E-ASSORT de SHOW~田植えの時期にお騒がせしちゃいまスペシャル~)から比べるとすごく上手くなったって思います。

フクイ
そんなに本数観てないけど、今回の公演ほど麻生さんが印象に残るものは無かった。

のと
今回は、去年出来なかったことが出来るようになってたなって印象がありました。

フクイ
なるほどね。終わった後、本人に聞いてみたんだけどさ、「今回はやりすぎだよって言われる位やりました。けど、気持ち良かったです。」って感想を言われたな。で、演出が下町だし。下町がこれをどういう風に演出したか。ちょっと聞いてみたい。

のと
どういう感じなんですかね。

フクイ
で、アンケートにも書いたんですけど、下町がこういう風な役を、僕はやって欲しい。演技が上手い下手じゃなくても、こういう役をやった下町を観てみたいと思う。

のと
今回、下町ちゃんが演出だったじゃないですか。三本見なきゃいけなくて…そうなると、他の人から優先して…言い方悪いんですけど、下町ちゃんは一本目っぽくはないじゃないですか。

フクイ
はい。

のと
だから、ちょっと貧乏くじ引いたのかなって。自分、演出だし。

フクイ
そうなんだよね~。

のと
私がこっちに入るから、二人がより光る方をやって…みたいな。

フクイ
演出しながらは出演は難しいもんね。でも下町で「結婚相談所」観たい。

のと
下町ちゃんと誰でやります?

フクイ
(魔導演劇結社インポッシブルの)屋敷(有都)くん。良いんですよー。これが光英くんだと違うんだよね。

のと
私は下町ちゃんと同じくらい不器用な人がやった方が良いなーと思うんですよね。不器用度で言うと光英さんなんですけど…屋敷さんと組むと、屋敷さんの方が手練れ感が出そう。(笑)

フクイ
面白いね、キャスティングって。

のと
フクイさん、キャスティングってどれくらい大事だと思います?舞台の中で。キャスティングで8割くらい決まるんじゃないかって意見もあるし。

フクイ
ある人の考えで、お芝居というよりも、映画監督的な発想なんだけれども、「俺はキャスティングして終わってるつもりでいる。」って。

のと
エスセナさんは若い演者が多いですけど、もっと熟年の人で「結婚相談所」をやっても面白そうだなって。それこそ、セカンドライフくらいの。初めてじゃなくて、再婚でとか。

フクイ
私、やりたい!

――それ、観てみたいです!

 

<<  page1 / page2  >

 


★1…エスセナさんとお話をさせていただいた時に、そのようなことを話しておられたかと思うのですが、出典が思い出せないので、間違っていたらごめんなさい。

★2…エスセナさん旗揚げメンバーのひとり。現在は富山を離れておられるそうですが、存在感のある女優さん。エスセナさんのブログ等で極稀にお姿を拝見できることがある。

★3…劇団フロンティア所属の俳優。インパクトのある存在感と個性的な動き(!?)で、劇団フロンティアのお客様にファンも多い。

 

対談写真:のとえみ、フクイマサヒロ、A-cafeスタッフ様
対談編集:紋川あゆみ、のとえみ
補足解説:のとえみ