演人全開血が滾ってきたぜ!「PLAY」

<<  page1 / page2  >>

演人全開 血が滾ってきたぜ!
Reading Theater vol.4 「PLAY」
2017/9/24(日)
富山市民プラザ マルチスタジオ

演人全開血が滾ってきたぜ!さんの朗読劇公演。Page1からの続きは、こんな話になりました。

朗読劇は声だけ


紋川
声の色というか…声の使い方が、絶妙。

のと
具体的にどこが良かった?

紋川
冒頭なんですけど、宮本聡美さん演じる美咲ちゃんのモノローグです。デートに来て舞い上がってるけど、落ち着かせなきゃと自分に言い聞かせる場面。そこがまるでジェットコースターのように強弱があたんですよ。キャーっとテンションが上がって、抑えるみたいな。物語の冒頭からそれが出来る役者さんなんだなと。圧倒される。まだ温まっていない、声を出し始めのときにそれだったので、血が滾の役者さんたちの実力派ぞろいなところを見せられた(笑)

のと
これがうちのレベルだぜ!ここがトップじゃないんだ、ここからだぜみたいな。(笑)

のと
公演の後、客演の「劇団P.O.D.」の門口栄治さんにも、「ここが良かった」って言ってたよね?

紋川
はい、言ってました。物語の序盤がコメディで笑えるような軽快な進みだったので、その後シリアスになっていくのが門口さん演じる荒川さんの場面で。キュッとメリハリがついて。私は多分メリハリに弱いんだと思うんですけど。

のと
強弱、ギャップ、とかね。

紋川
今日一番の良いシーンなんじゃないかなと思って観てました。門口さん、美味しい役!と思って。

のと
本人はプレッシャーだったみたいだけどね。「朗読劇難しいなー。動きでごまかせない。」って。門口さんは割と(普段は)コミカルな役をやられてて、ちょっとミスしても許されるキャラ。ちょっとトチっても、そういうキャラとして成立するからって。でも、(今回のような)朗読劇だとそれが使えないっていう。

紋川
声だけで勝負。

のと
演劇をずっとやってきた人にとっても、すごく難しいかもしれないね。動いてこそ演劇だから。

紋川
いつもの武器が使えない。

のと
武器を封印された門口さん。

――演劇ver.も観てみたい。

 

子供の声って大変かも


紋川
森田翠さん演じる涼香ちゃんの〝子供らしさ〟が出ていて。普段、森田とお話しているとき、アニメ声っぽいなと思っていて、地声なのか作っているのか判別がつかないなと。謎めいた存在で(笑)

のと
地声は割と低いよね。タギラジ(血が滾さんのラジオ)を聞いてると「これ森田ちゃんだっけ。」ってなる。

紋川
今日は子供っぽく演じられてたんですね。

のと
子供で強弱つけなきゃいけないし。子供の声の中でのふり幅ってあるよね。

紋川
一定でずっと高くなりそうなんですけど。

のと
そうさせずに、子供の感情として起伏を出すっていう。もっと小さい子ならやりやすかったんだろうけど。難しいな。

紋川
涼香ちゃんって何歳なんでしたっけ。作中で言ってないですよね。小学生低学年くらいかな。

のと
本当の子供っぽさが、どこかでワンライン出ると、「あ!本当はこの子、すごく子供なんだけど、無理して、我慢してるんだろうな。」っていうのが出るかな。森田ちゃんもすごく意識してやっていたんだろうね。「お父さんを助けて。」って言うところ。グッとくるなと思ったのと同時に、その子の子供らしい、心を許した感じの音色も欲しかったな、とか。丁寧に演じていたのを、緩めてぐちゃぐちゃに。すごく出来ているから、欲を言うと、だよ。

――うーん、レベルの高い話!

 

脚本の巧妙さ


紋川
大学が県外だったので空白期間があるのですが、十年前、高校生だったときによく血が滾さんを観に来ていて、そのときの疾走感を彷彿させると思いました。コミカルで笑わせて、最後ジーンとさせて、ハッピーエンドで終わる。

のと
今回の作品は、宇野津さんの綿密なプロットとか、脚本の練り方がすごく良く出てたなって。あんなの一人で考えてたら頭こんがらがるじゃんって。

紋川
そうですよねー。

のと
それをきちんと整理して、クロスしたりとかね。

紋川
伏線を回収したりとか、勘違いネタみたいなのとか。

のと
誰かが電話してて、電話してるその片方の言葉だけ聞いて勘違いしちゃうっていう。すごく難しいと思うんだけど、それをすごく綺麗に整理して繋げていって、それが一人だけじゃなくて、何人かが交差してるから。演者さんたちもそれは理解してて、それを聞いた人が想像して理解できるところまで伝えてるっていうところが、「あぁ、やっぱ力あるよな~。」って。

紋川
どういう世代の、どういう観劇経験がある人でも分かる内容だったのが面白かった。

のと
うまいところ突いてくるよな、これきっとみんなある程度先を想像して観てて、「あぁ、そうなったよね!」って、お客さんの優越感を満たす。

紋川
そうですね!すっきりします。

のと
それ、ホント上手いな~っていう。

 

対談してみて


のと
大して中身もない感じだし(笑)ハードルが低い、ゆるーい感じ。きっと他の人たちもこんな感じだろうなって思うから、それをわざわざ発信しなくてもっていうのがあるのかもしれないけど。

紋川
あー。

のと
でもそんなことないよね。どんな小さなことでも欲しいよね。

紋川
そうですね。

のと
たとえ、印象がパンツしかなかったとしてもね(笑)

紋川
自分が聞きたいことを直に他の人に聞けたのが面白かった。思わぬ方向に話が進んだり。化学反応的な。

のと
これを読んで、ちょっとずつ増えてくれたら。気軽にしゃべっても良いんだって思ってくれたら良いよね。

紋川
そうですね!

のと
みなさん、対談に誘われたら、付き合ってくれると嬉しいです。

――一緒に対談してくれる人 待ってまーす!

 


 

のとえみ
演劇ムーブメントえみてん
劇団フロンティア所属
自身のブログにて県内、県外問わず観劇した作品の感想を書いている。年間・県外は多くて3本、県内は観に行けるだけアマチュア演劇を中心に観劇をしている。その他、CS等で放送された演劇を見るのも好き。好きな劇団は箱庭円舞曲、アマヤドリ等。下北沢を中心とした小劇場が好き。

 

紋川あゆみ
フリー
惹きこまれる俳優さんは、堤真一さん。お茶目で可愛いなぁと思う女優さんは、綾瀬はるかさん。演劇のフリーペーパーがあれば良いのに…と思っていたので「Dramatic Talking」開始が嬉しく、一読者としても楽しみにしています。

 


プロフィール写真:窪田さやか
プロフィール文章:のとえみ
対談写真:能登智之
対談編集:紋川あゆみ